フリーとして高い目標を持つ心構え

フリーとして働くのであれば、大志を抱く心構えが大切である。
小さくまとまっていては、大きな仕事に関わるチャンスを逃してしまう。フリーエンジニアにとって、自己アピールこそが仕事を獲得していくための原動力であり、クライアントから高く評価してもらうための努力を怠ることは問題である。
自信を持ってエンジニアとしての能力を売り込むことができるかどうかが、高額報酬が得られるかどうかの分岐でもある。

フリーエンジニアの働き方には、積極性があるほうが仕事はうまくいく。
本当に仕事をこなすための実力を持っていたとしても、そのことを他人に知ってもらわなければ、仕事の案件獲得にはつながらない。
いずれはフリーとして、技術開発の分野で大物になってみせるというような、高い目的を心構えとしてもっていることが大切である。この事が、エンジニアとしての自身の成長にもつながる。

高い目標を掲げれば、自然とその目標を達成しようと活動することになる。小さな目標を掲げるよりは、始めから高い目標を持った上で行動した方がよい。
そうすれば、フリーエンジニアとしての実力がついていき、やがては高額の報酬の開発案件にも加わることができるようになれる。
フリーとしての働き方では、遠慮は時として悪影響をもたらす。何事も前向きに考えて、仕事への強い意欲を持つという心構えこそが、フリーのエンジニアが開発ビジネスで成功するための重要なポイントである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です